PR

ライフ ライフ

北野武さん「平成という時代に感謝」 陛下即位30年の集い

天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い 祝辞を述べる際、マイクに頭をぶつけるボケをしたタレント、映画監督の北野武さん=10日午後、東京都千代田区の国立劇場(川口良介撮影)
天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い 祝辞を述べる際、マイクに頭をぶつけるボケをしたタレント、映画監督の北野武さん=10日午後、東京都千代田区の国立劇場(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 天皇陛下の即位30年を祝う祭典「感謝の集い」が10日、東京・隼町の国立劇場で開催された。国会議員や財界関係者ら約1800人が集まり、出席者は残り3週間となった「平成」に思いをはせながら、天皇陛下に慶祝の意を示した。

 安倍晋三首相は祝辞で、天皇、皇后両陛下の国内外でのこれまでのご活動を振り返り「長きにわたり国民に常に寄り添ってこられた両陛下のお姿を胸に刻みながら、希望に満ちあふれ誇りある日本の輝かしき未来をつくりあげていく決意だ」と述べた。

 各界からの代表として、映画監督の北野武さんやノーベル医学・生理学賞受賞者の山中伸弥京都大教授、経団連の中西宏明会長らも登壇した。北野さんはマイクに頭をぶつけるなどして会場の笑いを誘いながら「改めて平成という時代に感謝し、両陛下がいらっしゃる日本という国に生を受けたことを幸せに思う」と語った。

 その後の祝賀コンサートでは、歌手のMISIAさんや松任谷由実さん、フォークデュオ「ゆず」が持ち歌を披露した。両陛下が歌会始で詠まれたお歌に音楽プロデューサーの松任谷正隆さんが曲をつけた奉祝曲「御旅(おんたび)」も演奏された。

 祭典は超党派の「天皇陛下御即位三十年奉祝国会議員連盟」(会長・伊吹文明元衆院議長)や財界を中心とした民間団体などの共催で行われた。両陛下をはじめとする皇族方は臨席されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ