PR

ライフ ライフ

囲碁最年少10歳の仲邑菫新初段、22日公式戦デビュー

仲邑菫初段(飯田英男撮影)
仲邑菫初段(飯田英男撮影)

 4月1日付で史上最年少の10歳0カ月でプロ入りした囲碁の仲邑菫(なかむら・すみれ)新初段が22日に公式戦初対局に臨むと8日、日本棋院が明らかにした。第29期竜星戦の予選で相手は“同期入段”の大森らん新初段(16)。仲邑初段は1月にプロ入りが決まって以降、井山裕太十段(29)や台湾の黒嘉嘉七段(こく・かか)(24)ら国内外のトッププロとハンデ付きで対局してきたが、いよいよハンデなしの真剣勝負でデビューする。対局時は10歳1カ月で、藤沢里菜女流名人(20)のデビュー時(11歳8カ月)を大幅に上回る。

 竜星戦はCS放送向けなどの番組を制作する囲碁・将棋チャンネルの主催で、持ち時間は各1時間の早碁棋戦。現在、第28期の本戦トーナメントが進行中。第27期は一力遼八段(21)が優勝している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ