PR

ライフ ライフ

桜の通り抜け、一足早く 大阪造幣局

「桜の通り抜け」の一般公開の前に開かれた造幣局の「特別観桜会」=8日午前、大阪市北区の大阪造幣局(南雲都撮影)
「桜の通り抜け」の一般公開の前に開かれた造幣局の「特別観桜会」=8日午前、大阪市北区の大阪造幣局(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪市北区の造幣局で恒例の「桜の通り抜け」が始まるのに先立ち、高齢者や障害者らを招待する特別観桜会が8日、開かれた。春の陽気の中、約2500人が一足先に八重桜など約340本の桜を楽しんだ。通り抜けは9日から。

 今年は134品種を公開。まだ3~5分咲きだが、訪れた人たちは、写真を撮ったり花びらの色や形を見比べたりしながら桜を堪能していた。

 娘夫婦と訪れた大阪市東成区の八木艶子さん(93)は、「どの花もきれいで、良いお天気で気持ちがいい。平成最後の通り抜けに来られてよかった」と笑顔で話していた。

 一般公開は15日までの午前10時(土日は午前9時)~午後9時。問い合わせはハローダイヤル050・5548・8686。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ