PR

ライフ ライフ

【平成の科学(1)】「宇宙論は革命的に進歩」 村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授

 また、加速膨張により、それまで研究者が頭を悩ませてきた問題が解決しました。例えば、それまで宇宙の年齢は、現在の膨張の速さから逆算して90億年と見積もられていました。でも、銀河系の中にはどう考えても120億年前に生まれた古い星があり、つじつまが合いませんでした。宇宙の膨張が加速しているのなら、昔はもっと遅かったことになります。それで宇宙年齢が延び、今では138億年となりました」

令和の時代にダークマターの正体判明か

 --5月から始まる新しい時代に、宇宙の一生はどこまで明らかになるでしょうか

 「平成の時代は、何が分かっていないのかも明らかにしました。次の令和では、その問題をきちんと解けるかもしれません。例えばダークエネルギーや、銀河の分布を作り上げている未知の物質『ダークマター(暗黒物質)』の正体などです。

 また、138億年前に生じた原始重力波を見つけることができれば、宇宙が誕生直後に一瞬で急膨張したとする『インフレーション理論』を証明できます。このほか、ビッグバンが起きてから最初の星や銀河ができるまでの数億年は、星が存在しない“暗黒時代”でした。これがまだ観測されていません。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ