PR

ライフ ライフ

世界遺産・知床、春の準備 横断道路で除雪作業進む

知床横断道路に積もった雪を勢いよく吹き飛ばす除雪車。奥には国後島が見える=5日、北海道羅臼町
知床横断道路に積もった雪を勢いよく吹き飛ばす除雪車。奥には国後島が見える=5日、北海道羅臼町
その他の写真を見る(1/3枚)

 世界自然遺産の北海道・知床で、国土交通省北海道開発局が5日、冬季通行止めとなっている知床横断道路(国道334号)の除雪作業を報道陣に公開した。観光客が多く訪れる大型連休前の開通が目標で、春を迎える準備が急ピッチで進む。

 開発局によると、道路の雪は深いところで約20メートル。この日は北方領土の国後島を望む知床峠付近で、除雪車が雪をかき集め、約40メートル先の路肩に勢いよく吹き飛ばしていた。

 開発局は3月から作業を始め、日本版の衛星利用測位システム(GPS)を使った自動除雪機も試験的に導入。今年は雪が少なく、すでに6割弱が除雪済みという。

 横断道路は知床半島の西側の斜里町と、東側の羅臼町を結ぶ。冬季は雪による事故防止のため、全長27.3キロのうち23.8キロを通行止めとする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ