PR

ライフ ライフ

白血病患者らに子供を持つ夢を NPOがクラウドで寄付募集開始

白血病など血液の病気の患者支援のためクラウドファンディングを呼び掛けるウェブサイト
白血病など血液の病気の患者支援のためクラウドファンディングを呼び掛けるウェブサイト

 白血病など血液の病気を持つ若い患者が将来、子供を持つ夢を支えたいとNPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」(東京)が4日、治療を開始する前に卵子や精子を保存する費用補助につなげるため、寄付をインターネット上で募る「クラウドファンディング」を開始した。目標金額は6月3日までに1000万円としている。

 国内では、「AYA世代(15~39歳頃)」のがん発症が年間約2万人に上ると推計されている。今年2月には競泳の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表し、注目を集めた。

 白血病の治療では化学療法や放射線療法などが用いられることから、生殖機能が損なわれる恐れがある。そのため、治療前に卵子や精子を凍結保存し、治療後に使用する選択肢がある。

 ただ、こうした方法の費用は保険適用外で高額となる。卵子採取で約15万~45万円、精子採取で約2万~7万円が必要で、保存を継続するにも、それぞれ毎年数万円の費用がかかる。経済的な理由から、採取保存をためらったり、諦めたりする人も多いという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ