PR

ライフ ライフ

「信長半端ない」随所に 木下昌輝さん新刊『炯眼に候』

「信長は、賢くて格好いい武将だと思います」と話す木下昌輝さん
「信長は、賢くて格好いい武将だと思います」と話す木下昌輝さん

 作家、木下昌輝さん(44)が、天下統一を目指した織田信長の徹底した合理主義と先見の明に光を当てた連作短編集『炯眼(けいがん)に候』(文芸春秋)を刊行した。桶狭間、長篠など数々の戦いを勝ち抜き、自らの死後をも見通した信長の千里眼が圧巻だ。(横山由紀子)

 天罰や仏罰の類を一切信じず、合理の心を大切にしたという信長。木下さんは「信長公記」「武家事紀」などの史料から読み取れる信長像に、独自の解釈を加えて7編の短編を紡いだ。「物語を面白くするため、史実と史実の隙間にトリックも仕込みました」といい、作品にはミステリーの要素も加わる。

 山中の猿と呼ばれる物乞を信長の軍師として描いた「軍師」は、信長の合理的思考を際立たせている。桶狭間の戦いで、大軍を率いた今川軍に多勢に無勢で挑んだ織田軍は天候の悪化を味方に付け、総大将・今川義元の首を見事に討ち取った。軍師・山中の猿には天候が予知できる神通力があるとみられたが、実は天候が悪くなると頭や体が痛む天気痛の持ち主で、信長はその体質を見抜いて利用したのだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ