PR

ライフ ライフ

AYAがん初の学術集会 個別の悩み向き合い支援

AYA世代のがんについての学術集会で議論する参加者=名古屋市熱田区
AYA世代のがんについての学術集会で議論する参加者=名古屋市熱田区
その他の写真を見る(1/2枚)

 がん患者のうち15~39歳の思春期から若年成人までを合わせて呼ぶ「AYA世代」では、治療や療養生活で特有の悩みがある。この問題に取り組む「AYAがんの医療と支援のあり方研究会」の初の学術集会が2月、名古屋市で開かれ、500人以上の参加者が、山積する課題と具体的な支援策を語り合った。病状も生活スタイルも多様な患者一人一人の個別の悩みに向き合うことの重要性が改めて浮かび上がった。

 ◆治療改善に遅れ

 研究会(略称AYA研)は昨年4月に設立。学術集会には、医師、看護師、医療ソーシャルワーカーらのほか患者やがん経験者、家族、支援団体、行政の担当者らが参加した。

 基調講演した厚生労働省の担当者は、AYA世代のがんが、平成30年に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画に盛り込まれた経緯を説明。相談や就労支援、がん経験者のフォローアップの充実などを図るため、小児と成人のがんを診る拠点病院、地域の医療機関が互いに連携する必要性を訴えた。

 次いで、国立国際医療研究センター病院乳腺腫瘍内科の清水千佳子科長は、AYA世代では多様ながんが発生するが、それぞれの患者が少なく、診療科が多数にわたるため、ほかの世代に比べ、がんの治療成績が改善する幅が小さいとの米国のデータを紹介した。

 思春期は病気がなくても就学や将来のことを悩む時期で、成人すれば就労と生活の自立、結婚や出産など次々に課題が生じると指摘して「大事なのは世代ではなく、患者の個別性だ」と強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ