PR

ライフ ライフ

草間彌生さんデザインの「おもいでピアノ」、都庁に登場

東京都庁の展望室に設置された美術家草間弥生さんが装飾を施したグランドピアノのお披露目会=3日午前
東京都庁の展望室に設置された美術家草間弥生さんが装飾を施したグランドピアノのお披露目会=3日午前
その他の写真を見る(1/3枚)

 東京都は3日、誰もが自由に弾くことができるグランドピアノ「都庁おもいでピアノ」を第1本庁舎45階の南展望室に設置し、お披露目会を開いた。前衛芸術家で高松宮殿下記念世界文化賞受賞者の草間彌生(やよい)さんがピアノのデザインを監修し、黄色をベースに、自身のモチーフとする水玉模様を施した。

 都は昨年6月、都内在住の個人を対象にグランドピアノの寄贈を呼びかけた。応じた8人の中から、最も状態の良かったヤマハ製「G3A」を選んだ。

 お披露目会では、小池百合子知事が「都庁からいろいろな音楽が広がっていってほしい」とあいさつ。ピアニスト、梅田智也さんの記念演奏も行われた。

 年間200万人の来訪者がある展望室は8日にリニューアルオープン。午前9時半から午後11時まで開放し、来訪者にピアノを楽しんでもらう時間を設ける。都によると、空港や路上にピアノを置いて自由に演奏してもらう取り組みは世界各地で行われている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ