PR

ライフ ライフ

「万葉集」増刷ラッシュ 出版界に「令和」特需

新元号「令和」が発表され、書店には万葉集の関連本が並んだ=2日午前、大阪市浪速区(彦野公太朗撮影)
新元号「令和」が発表され、書店には万葉集の関連本が並んだ=2日午前、大阪市浪速区(彦野公太朗撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 新元号「令和」が発表されたのを受け、出版各社が典拠となった「万葉集」関連本の増刷を続々と決めている。新元号に引用された収録歌の序文への関心が高まっているためで、不況下の出版界が「令和」特需に沸いている。

 岩波書店は1日、新元号「令和」に引用された歌の序文が収められている文庫「万葉集 二」の増刷を決めた。「発表直後から店頭で品薄となり、書店からの注文が殺到したため」という。このほか作家で法政大教授のリービ英雄さんの「英語でよむ万葉集」(岩波新書)や「万葉集入門」(同ジュニア新書)といった関連書についても、「動きを注視しながら増刷するかどうか検討したい」としている。

 一方、講談社も「万葉集 全訳注原文付」の重版を決定。KADOKAWAも「万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」と「新版 万葉集 一 現代語訳付き」の増刷を決め、「新元号『令和』決定!」などの文字をあしらった新しい帯を作った。増刷分は、今月中旬にも店頭に並ぶという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ