PR

ライフ ライフ

元号原案「英弘」「久化」、広至、万和、万保も 六つ全て判明

有識者から意見を聞く「元号に関する懇談会」に臨む(左手前から)山中伸弥氏、宮崎緑氏、林真理子氏。(右手前から四人目)菅義偉官房長官=1日、官邸(春名中撮影)
有識者から意見を聞く「元号に関する懇談会」に臨む(左手前から)山中伸弥氏、宮崎緑氏、林真理子氏。(右手前から四人目)菅義偉官房長官=1日、官邸(春名中撮影)

 政府が「元号に関する懇談会」の有識者や全閣僚会議などに示した六つの原案は、新元号に決まった「令和」のほか「英弘」「久化」「広至」「万和」「万保」だったことが分かった。このうち万和は二松学舎大元学長の石川忠久氏(86)=中国古典=が考案した。関係者が2日、明らかにした。政府は令和以外の原案に関し、考案者も含めて明らかにしていない。

 令和の考案者は、文化勲章受章者で国際日本文化研究センター名誉教授の中西進氏(89)=日本古典=との見方が専門家の間で浮上している。菅義偉官房長官は2日の記者会見で「考案者が秘匿を希望しているのに加え、明らかにすれば詮索されるので、公表を差し控える」と述べた。

 関係者によると、原案の出典は英弘が「日本書紀」。広至は国書(日本古典)に加え、中国古典の「詩経」にも由来する。万和は中国古典の「文選」。万保も中国古典に由来する案だった。石川氏は万和に加え「和貴」「成教」「正同」「貞文」「貞久」「弘国」「弘大」「泰通」「泰元」「豊楽」「光風」「中同」の計13案を提出していた。新元号候補名の考案は、国文学、漢文学、日本史学、東洋史学の分野から選ばれた複数の専門家に3月14日付で、新元号選定担当の古谷一之官房副長官補名で正式委嘱された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ