PR

ライフ ライフ

【日本再発見 たびを楽しむ】冬はスキー、夏は避暑地 人気のリゾート~丸沼高原(群馬県片品村)

パウダースノーの良質な雪で、スキーを楽しむリピーターも多い
パウダースノーの良質な雪で、スキーを楽しむリピーターも多い

 夏は鮮やかな緑、冬は一面に白銀の世界-。自然の恵みが豊かな群馬県片品村の「丸沼高原」は、温泉やスキー場などレジャー施設が完備された人気の観光リゾート地。いまの時期は、スキーやスノーボードに興じる大勢の人で連日にぎわいをみせている。

 群馬県と栃木県の県境にほど近く、関東有数の豪雪地帯で知られる。雪は良質と評判で、滑りもなめらか。スキー場のクローズが例年5月上旬といい、ウインタースポーツをロングシーズンにわたって楽しめるのも魅力的だ。

 両県の県境に位置する日光白根山の中腹にあるロープウエーは、スキーシーズンはリフトとして利用されている。同・山頂駅からは、谷川岳や武尊山などの山を眺望でき、日光白根山の冠雪した姿に、ついカメラのシャッターを押す観光客は多い。夏でもサマースキーやサマーリュージュなどを楽しめるほか、日光白根山への登山や散策、オートキャンプ場も活用でき、まさに一年を通じてアクティブに過ごせるのだ。

 丸沼高原の広報担当、千明靖久さんは「丸沼高原は冬はスキー場、夏は日光白根山ロープウエーなどを営業する通年リゾートです。標高が高いため、冬は北海道並みのパウダースノーが楽しめ、夏は涼しく避暑地としても人気があります」と話す。大自然に囲まれた環境は、心身をリフレッシュさせてくれそうだ。

 ▽サンケイツアーズでは4月20日に丸沼高原などを訪れ、日本百名道・金精道路を歩く「残雪の尾瀬金精道路片品村ウォーク」を開催します。問い合わせは、サンケイツアーズ(03・5283・8250、日祝休み)。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ