PR

ライフ ライフ

【マンスリー将棋】ヒューリック杯 棋聖戦ベスト8出そろう

渡辺明二冠
渡辺明二冠
その他の写真を見る(1/2枚)

 豊島将之(とよしま・まさゆき)棋聖(きせい)(28)=王位=への挑戦権を懸けた第90期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントは1回戦を終え、ベスト8が決まった。いずれも実力者ぞろいで、4月下旬に予定されている挑戦者決定戦まで熱戦が期待される。

 準々決勝の組み合わせは、右のブロックが前棋聖の羽生善治九段(48)-菅井竜也七段(26)、渡辺明二冠(34)=棋王・王将=-稲葉陽(あきら)八段(30)、左のブロックが郷田真隆九段(48)-中村太地七段(30)、久保利明九段(43)-八代弥(わたる)六段(25)。

 渡辺二冠は今期、王将戦七番勝負で3度目の王将位を獲得し、続く棋王戦五番勝負でも7連覇を達成。渡辺二冠は「このところ対局が続いていたので、春休みで一息入れて新たな気持ちで頑張りたい」と、第84期以来の五番勝負へ意気込みをみせた。

 中村七段は1回戦で広瀬章人竜王(32)に勝利。第83期でタイトル初挑戦をした中村七段は「広瀬竜王は強敵なのでこの一局のことしか考えていなかった。結果が出せて良かった。しかし、本戦は勝ち上がることが大変」と気を引き締めていた。

 唯一の20代、八代六段は1次予選から勝ち上がり、1回戦で佐藤天彦(あまひこ)名人(31)を撃破。第87期では永瀬拓矢七段(26)=当時六段=が1次予選から五番勝負の舞台まで駆け上がったケースがあり、八代六段の戦いぶりも注目だ。(田中夕介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ