PR

ライフ ライフ

ショーケン死去 「傷だらけの天使」撮影の恩地日出夫監督「素顔は常識的だった」

市原悦子の葬儀で弔辞を読み上げた映画監督の恩地日出夫氏=1月18日、東京都青山葬儀所(佐藤雄彦撮影)
市原悦子の葬儀で弔辞を読み上げた映画監督の恩地日出夫氏=1月18日、東京都青山葬儀所(佐藤雄彦撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 テレビドラマ「傷だらけの天使」を撮影した恩地日出夫監督の話「演じた役柄のせいもあり、反世間的でハチャメチャなイメージがあったかもしれないが、素顔は常識的でまともなやつだった。(2011年の)脚本家の市川森一の葬儀で会ったのが最後だったかと思う。闘病していたとは知らず、突然のことで言葉がない」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ