PR

ライフ ライフ

ショーケン死去、妻の萩原理加さん「眠るように息をひきとりました」

インタビューに答える萩原健一さん=1987年10月、東京・銀座
インタビューに答える萩原健一さん=1987年10月、東京・銀座

 テレビドラマ「傷だらけの天使」などの作品で知られ、「ショーケン」の愛称で親しまれた俳優で歌手の萩原健一さんが26日に死去した。68歳だった。これを受け、妻でモデルの萩原理加さんが28日、コメントを発表した。コメントは以下の通り。

 「生前に、お世話になりました仕事関係の皆様、ファンの皆様に、心よりお礼申し上げます。これまで、本人の強い意向により、病のことは公表せずに参りました。最期は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠る様に息をひきとりました。今はまだ、心の整理がついておりませんので、皆様、どうかご理解頂けると幸いと存じます」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ