PR

ライフ ライフ

スマホ持ち込み指針決定、「保護者の責任」強調 大阪

大阪府教育庁のガイドラインのポイント
大阪府教育庁のガイドラインのポイント

 大阪府教育庁は27日、児童生徒が公立小中学校にスマートフォンや携帯電話を持ち込む際の運用のガイドライン案を府教育委員会会議に提示した。2月に示した素案よりも登下校中の安全確保という目的を強調。持ち込みの判断や管理責任が保護者にあることも明確にした。

 ガイドラインでは、登下校時に持参させる目的が「防災・防犯のため」であることを際立たせ、使用は登下校中の緊急の場合に限定。校内では各自のかばんで保管し、緊急時以外の使用は引き続き禁止とした。

 専門家やPTAの意見を踏まえた素案の修正点として、目的や保護者の管理責任を強調したほか、所持のルールとして「校内では電源を切る」と明文化。スマホ依存やインターネットを介したトラブルに巻き込まれないよう、学校側が積極的に指導していくことも記載した。保護者が所持させることに同意し、学校側に提出する「同意確認書」のひな型も付けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ