PR

ライフ ライフ

ヒューリック杯棋聖戦 中村太地七段が広瀬章人竜王破り、8強

中村太地七段
中村太地七段

 豊島将之(とよしま・まさゆき)棋聖(28)=王位=への挑戦権を懸けた第90期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントは25日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で1回戦、中村太地七段(30)-広瀬章人竜王(32)戦が指され、中村七段が勝ち、ベスト8進出を決めた。

 中村七段は次戦で、郷田真隆九段(48)とベスト4進出を懸けて対戦する。

 中村七段は東京都府中市出身。故米長邦雄永世棋聖門下で平成18年、四段プロデビュー。タイトル戦登場は4回、獲得は王座1期。通算成績は318勝183敗(勝率0・635)、今年度は21勝17敗(同0・553)。

 広瀬竜王は札幌市出身。勝浦修九段門下で17年、四段プロデビュー。タイトル戦登場は5回、獲得は竜王1期、王位1期。棋戦優勝は1回。通算成績は394勝216敗(同0・646)、今年度は43勝20敗(同0・683)。

 両者の対戦成績は広瀬竜王4勝、中村七段1勝で、本棋戦では初顔合わせ。

 広瀬竜王の振り歩先で行われた振り駒の結果、と金が3枚で中村七段の先手に決まった。

 対局は午前10時に開始。戦型は角換わりから、互いに腰掛け銀に構えた。その後、中村七段は銀矢倉、広瀬竜王は右玉に。正午からの昼食休憩を挟んで対局が再開されたが、その後も一進一退の攻防が続いた。終盤、中村七段がうまい指し回しを見せて後手玉を追い詰め、午後7時47分、広瀬竜王が125手で投了した。

 持ち時間は各4時間。残り時間は中村七段6分、広瀬竜王2分。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ