PR

ライフ ライフ

広がる外国人の家事代行サービス 短い在留期間がネックだが…

フィリピン人の家事代行サービスは「日本人と遜色ない」と好評だ=東京都中央区(植木裕香子撮影)
フィリピン人の家事代行サービスは「日本人と遜色ない」と好評だ=東京都中央区(植木裕香子撮影)

 永住権を持たない外国人による家事代行サービスが都内で広がっている。国家戦略特区の規制緩和が背景にあり、日本人と変わらない丁寧な仕事ぶりに利用客のニーズが高まる一方で、短い在留期間が足かせとなって採用が進まないなど、本格普及に向けた課題は多い。人口減に伴う人材確保が急がれるなか、事業者からは抜本的な措置を講じる必要性を指摘する声が上がっている。(植木裕香子、写真も)

 「治安がよく、労働環境が整っているあこがれの日本で働きたくて来ました」。フィリピン人女性のオレダン・ローレンパズさん(25)は家事代行大手「ベアーズ」(中央区)に採用され、昨年12月に来日した。

 ロイター通信などによると、フィリピン人家政婦をめぐっては昨年2月に、クウェートの住宅で、虐待の痕跡があった遺体が冷凍庫の中から発見される事件が発生するなど、外国での出稼ぎ労働者をめぐる虐待事件が続出。だが、家政婦として日本で働くことを決めたローレンパズさんは「日本人の雇用主は私たちを一人の人間として優しく扱ってくれる。他国より日本で働きたいと考えるフィリピン人は多い」と話す。

 実際、パソナグループ(千代田区)傘下のパソナ総合研究所が昨年11月、日本で家事支援業に携わるフィリピン人女性166人に調査したところ、「サービス利用者との関係は良好か」「また日本で働きたいか」との質問に、9割以上が「はい」と回答した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ