PR

ライフ ライフ

【改元に思う】世界に例ない伝統 国民も認識 今谷明・帝京大特任教授

前のニュース

帝京大学の今谷明特任教授=25日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)
帝京大学の今谷明特任教授=25日、東京都千代田区(荻窪佳撮影)

 2月24日の天皇陛下ご在位30年記念式典で、陛下から「象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く」とのお言葉がありました。天皇陛下は、歴史的な経緯を踏まえ現行憲法下の「象徴」を追い求めてこられたのだと思います。

 歴史的には9世紀前半の平安時代初期、第52代嵯峨天皇の治世のころに権力と権威が分離したとされ、「象徴天皇の源流」と位置づけられます。

 天皇は権力を持たず、時間と空間を抽象的に支配する-。その「時間の支配」を表すのが、元号です。鎌倉時代から室町時代にかけて、足利義満に代表される幕府の将軍や実力者が改元し、権力の源泉とした時期もありました。

 ただし、ほかの国と違うのは、そうした混乱期も天皇は存在し、皇位継承が続いてきた。元号は天皇と一体であり、645年制定の大化から1400年近く続いてきた「日本独特の制度」といえます。

 現在の一世一元制は中国・明代以後の伝統とされていますが、平安初期の桓武天皇から淳和(じゅんな)天皇までの4代にわたる治世もそれぞれ単一元号であり、わが国の歴史にその由来を見つけることができます。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ