PR

ライフ ライフ

【気になる!】コミック『異邦人』

『異邦人』
『異邦人』

 殺人の動機を「太陽がまぶしかったから」と表現したカミュの代表的小説を漫画化。世界の不条理さを問い続けたカミュの哲学的思索を、漫画家の著者が独自の解釈とギャグのテイストで再構築した。

 主人公の無流想(むるそー)はある日、友人・礼悶(れいもん)のトラブルに巻き込まれ男を刺殺してしまう。母の死、恋人との情事、法廷でのやりとり、内省、怒り…。原作の特徴である「一人称」を際立たせるため、コマを無流想の目や脳などの形で描くなど、漫画表現としても攻めている。久しぶりに読み返したい人にもおすすめ。(カミュ原作、須賀原洋行画、講談社まんが学術文庫・700円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ