PR

ライフ ライフ

【万象】生き物に倣う しなやかな羽で浮く

田中博人・東京工業大准教授らが開発したハチドリ型ロボット
田中博人・東京工業大准教授らが開発したハチドリ型ロボット

 高速で羽ばたきながら、花の蜜を吸うハチドリ。実は他の鳥類と比べると骨格の自由度は低いという。しなやかな羽がうまくねじれて、急旋回したり、空中に静止したりと巧みに飛行する。従来の航空力学からは外れた発想が得られる可能性があるとして、ハチドリの翼を分析。炭素繊維で作った骨格をフィルムで覆い、羽ばたいて浮き上がるロボットを実現した。

 ヘリコプターのように硬い翼が高速回転する飛行体は、衝突時の危険性が高く、騒音が大きいのが難点だが、羽ばたく翼は柔らかで運動速度も遅い。機動性に優れながら、静かで安全な飛行ロボットの開発につながると期待される。(麻)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ