PR

ライフ ライフ

家事評論家第1号、吉沢久子さんが死去

死去した吉沢久子さん
死去した吉沢久子さん

 「家事評論家第1号」と呼ばれた生活評論家で、エッセイストの吉沢久子(よしざわ・ひさこ、本名=古谷久子=ふるや・ひさこ)さんが21日午前1時50分、心不全のため東京都内の病院で死去した。101歳。東京都出身。生前の本人の希望で遺体は献体され、葬儀・告別式は行わない。

 事務員、速記者を経て、文芸評論家、古谷綱武さんの秘書となった。古谷さんと結婚した1950年代から新聞や雑誌などに、料理や食文化、家庭生活に関する原稿を執筆。家事経験を生かした合理的な記事で「家事評論家」として活躍し始めた。

 その後も、生活者の目線で考える評論家として講演や消費生活相談、料理番組への出演など幅広く活動。84年の古谷さんの死去後は1人暮らしを始め、快適な老後の過ごし方の提言が注目を集めた。90代になっても旺盛に執筆、発言を続けた。著書に「素敵な老いじたく」「前向き。」「家事レポート 50年」など多数。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ