PR

ライフ ライフ

ゲノム編集、全ての生物で可能 安全性の評価が重要

広島大の山本卓教授
広島大の山本卓教授

 狙った遺伝子を思い通りに改変する「ゲノム編集技術」。日本における先駆的な研究者で日本ゲノム編集学会長の山本卓広島大教授に、技術の現状と課題について聞いた。(聞き手 有年由貴子)

 --ゲノム編集の現状は

 米国を中心に開発が進み、研究者であれば特殊な能力を持たなくても使える「クリスパー・キャス9」というゲノム編集技術が2012年に発表されて以降、爆発的に広がった。DNA二重らせん構造の発見やヒトゲノム解読、遺伝子組み換えなどに続く、大きなゲノム編集技術の出来事だ。クリスパー・キャス9は、すでに遺伝子工学研究における必須の基盤ツールとなっている。

 --従来の遺伝子改変技術との違いは

 遺伝子組み換えは、その生物が本来持たない遺伝子をDNAに組み込む技術で、限られた生物でしか適用できず、狙い通りに遺伝子を改変することも非常に難しかった。だが、ゲノム編集は全ての生物に適用でき、狙った遺伝子を切ることで高精度に変異を起こすことができる。

 --研究・開発の展望は

 アレルギー物質を低減した卵を産むニワトリや、豚コレラなどのウイルスに感染しない豚の開発なども期待できる。医療では、血液系のがんに対する攻撃力の高い免疫細胞も作れ、実際に中国と米国は臨床試験段階に入っている。ヒトの発生に関する基礎研究など生殖補助医療としては重要だ。ただ、受精卵に施し臨床応用するには未熟な技術。一足飛びには絶対にやってはいけない。

 --食品流通に向けた課題は

 ゲノム編集を使ってできたものについて、科学的に安全性を考察する必要がある。成分に大きな影響がないかや、新しいアレルギー物質ができていないかなどの点をきちんと評価しなければならない。また、商品がどのようにして作られたかを遡って管理できる仕組みの構築や、安全性や環境への影響について、国や研究者、開発者らがしっかりと消費者に説明することも大切だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ