PR

ライフ ライフ

「激高し備品破壊」明石市長、市議会緊急質問で謝罪

市議会本会議で答弁する泉房穂市長=明石市
市議会本会議で答弁する泉房穂市長=明石市

 幹部職員への暴言を理由に辞職し、出直し市長選で3選した兵庫県明石市の泉房穂市長は22日、市議会本会議の答弁で、すでに問題となった発言以外にも市職員に威圧的な言動をしたり、市長室の備品を破壊したりしたことを認めた。「感情の赴くままに対応し、職員に申し訳ない」と謝罪した。

 問題発覚後、泉市長が市議会に説明するのは初めて。約7年ぶりとなる市議からの緊急質問に答えた。

 発覚した暴言以外のパワハラ行為について問われた泉市長は、明石駅前再開発ビルの計画を変更する際、「当時の関係者に『計画を変更しなければ、すべて白紙撤回する』と荒々しい言葉を発した」と説明。「図書館や子供の施設を入れたいという思いがあった」とした。また、備品の破壊についても認め、「国からの通知が理不尽だと激高し、その場で壊した」と釈明した。関係者によると、壊したのは市長室のパーテーションという。

 暴言の背景に立ち退き交渉の遅れがあったとして市職員への批判が高まったことに対しては「責任はすべて市長にあり、職員が仕事をおろそかにしたとは思っていない。私の発言がそのように感じられたのなら申し訳ない」と陳謝した。

 今後の再発防止策については「第三者機関の設置や市職員が相談しやすい体制の確立などを検討していきたい。自身の責任の取り方にも検討の余地がある」と述べた。

 市議会は平成31年度一般会計予算案など議案31件を可決し、閉会した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ