PR

ライフ ライフ

「培養肉ステーキ」へ一歩 日清食品、世界初の立体組織作製

牛の細胞から作ったサイコロステーキ状の筋肉組織(日清食品ホールディングス提供)
牛の細胞から作ったサイコロステーキ状の筋肉組織(日清食品ホールディングス提供)

 牛の筋肉細胞を培養しサイコロステーキ状の組織をつくることに世界で初めて成功したと、日清食品ホールディングスと東京大の研究チームが22日、発表した。肉本来の歯応えを持つ「培養ステーキ肉」の実用化への第一歩になるという。

 研究チームは、牛の筋肉細胞を特殊な培地で育てて細長い筋繊維を作製。層状に重ねて培養することで長さ1センチ、幅0・8センチ、高さ0・7センチの弾力のある筋肉組織を実現した。

 培養肉は多くの細胞をミンチ状に整形する研究が進んでいるが、ハンバーグには向いてもステーキ肉のような食感を出せなかった。竹内昌治東大教授は「筋肉組織の基本を作ることができた。今後はさらに大きな組織を作製する」と話す。

 世界的な人口増加やライフスタイルの変化で、食肉消費量は地球規模で増加が見込まれている。培養肉は家畜生産より環境負荷が低く、衛生管理も容易なため実用化への期待が大きい。

 日清食品ホールディングスは「将来は巨大な市場が見込まれる。生産体制やコスト、安全性を検証し実用化を目指す」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ