PR

ライフ ライフ

郷田真隆九段が8強進出 ヒューリック杯棋聖戦

郷田真隆九段
郷田真隆九段

 豊島将之(とよしま・まさゆき)棋聖(28)=王位=への挑戦権を懸けた第90期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントは22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で1回戦、郷田真隆九段(48)-阿部光瑠(こうる)六段(24)戦が指され、郷田九段がベスト8に進出した。

 郷田九段は次戦で、広瀬章人竜王(32)-中村太地七段(30)戦の勝者とベスト4を懸けて対戦する。

 【郷田九段-阿部六段】

 郷田九段は東京都出身。故大友昇九段門下で平成2年、四段プロデビュー。タイトル戦登場は18回。獲得は王位1期、棋王1期、王将2期、棋聖2期の計6期。棋戦優勝は7回。通算成績は877勝538敗(勝率0・620)、今年度は29勝18敗(同0・617)。

 阿部六段は青森県弘前市出身。中村修九段門下で23年、四段プロデビュー。棋戦優勝は1回。通算成績は224勝129敗(同0・635)、今年度は18勝13敗(同0・581)。

 両者の対戦成績は郷田九段の3勝0敗。

 振り駒の結果、郷田九段の先手で対局は始まった。戦型は角換わりから相腰掛け銀に。お互いに敵陣に馬を作るなど中盤以降は激しい展開となった。終盤までぎりぎりの戦いが続いたが、最後は郷田九段が詰み筋に入り、午後6時、105手で阿部六段が投了した。

 持ち時間各4時間。残り時間は郷田九段25分、阿部六段56分。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ