PR

ライフ ライフ

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】「ラヴ・ユー・フォーエバー」 「育む」ことの意味

 平成9年に岩崎書店から刊行された『ラヴ・ユー・フォーエバー』(ロバート・マンチ作、乃木りか訳、梅田俊作絵)は、「育む」ことの尊さを教えてくれる一冊です。

 「アイ・ラヴ・ユー いつまでも アイ・ラヴ・ユー どんなときも わたしが いきている かぎり あなたは ずっと わたしのあかちゃん」-お母さんは生まれたばかりの息子を抱っこして歌います。いたずら盛りから、少年、青年へと成長し、変化していく息子の姿に戸惑い、悩みながらも、お母さんは歌い続けます。そして時がたち、年をとったお母さんは、もう歌うことができなくなります。お母さんに会いに来た息子は、今度はお母さんを抱っこして「…ぼくが いきている かぎり あなたは ずっと ぼくのおかあさん」と歌うのです。その夜、自分の家に帰った息子は、生まれたばかりの娘を抱っこして歌いました。「…ぼくが いきている かぎり おまえは ずっと ぼくのあかちゃん」

 子育てに限らず、「育む」という営みには、育てる者にも育てられる者にも、ときに苦悩が生じます。相手に伝わらない、自分には理解できない、思い通りにならないいらだちやつらさです。それでも、関わることを諦めず、心を寄せ続けていく中で大切な何かが残っていきます。そして、それは、育てる者から育てられる者へと手渡され、引き継がれていきます。「育む」という営みの中には希望があります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ