PR

ライフ ライフ

楽器、カレー、パワースポット…外国人目線で魅力発信 東京・千代田区観光協会が動画サイト

皇居ランができることを紹介した動画の一部
皇居ランができることを紹介した動画の一部

 2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、千代田区観光協会は、外国人の目線で街の魅力を発信するプロジェクト「VISIT CHIYODA」を展開している。本や音楽、カレーなど個性あふれる千代田の特徴を、外国人編集長が動画にまとめて英文記事とともに配信。今後はさらに本数を増やし、「CHIYODA」を世界に発信していきたい考えだ。(久保まりな)

 このプロジェクトは、東京五輪に向けて増える外国人観光客に千代田区の隠れた魅力を伝えようと、区観光協会が昨秋に始めた。

 同協会によると、皇居や秋葉原は外国人観光客にも有名なスポットというが、古本の街「神保町」や、カレーの街「神田」などはあまり知られていない。このため、見逃されている多種多様な魅力の浸透を図ることにした。

 現在公開されている動画は、神保町や神田のほか、音楽好きが集まる楽器店街の御茶ノ水、ボートで四季を楽しめる千鳥ケ淵、パワースポットとして人気の日枝(ひえ)神社などを紹介する計10本。いずれも、編集長のマライ・メントラインさん(35)によるルポ形式で、あまり外国人に知られていない情報が掲載されている。

 例えば、皇居の動画には、見学だけではなくランニングができることを盛り込んだ。神田の動画では、マライさんやカレーマイスターと呼ばれる情報通らが和気藹々(わきあいあい)とカレー店をはしごする様子を収め、街の魅力をアピールしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ