PR

ライフ ライフ

君島寛市長の市民葬に650人参列  栃木・那須塩原

君島寛市長の遺影の前で献花する参列者=20日、那須塩原市上厚崎の同市黒磯文化会館
君島寛市長の遺影の前で献花する参列者=20日、那須塩原市上厚崎の同市黒磯文化会館

 今月9日、70歳で死去した栃木県那須塩原市の君島寛市長の市民葬が20日、同市上厚崎の黒磯文化会館で営まれ、約650人が参列した。

 遺影の前の祭壇は那須連山をイメージした花で彩られた。市民葬の実行委員長で市長職務代理者の片桐計幸副市長は「市民感覚を常に大切にし、市民目線の市政運営を貫かれた。私たちは君島市長の志と情熱を受け継ぎ、全力を挙げてまちづくりに取り組みたい」と式辞を述べた。また、福田富一知事は「体調を崩して入院されたが、市政の停滞を招かないよう職員に指示を出し、職務に取り組んでいた。別れを告げることは惜しんでも余りある」と弔辞を贈った。遺影の前には献花台が設けられ、参列者が花を供え、君島市長の冥福を祈った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ