PR

ライフ ライフ

中3自殺、学校「引き金」 茨城県調査委が報告書 いじめとの因果関係認定

記者会見する調査委委員長の栗山博史弁護士=20日午後、茨城県庁
記者会見する調査委委員長の栗山博史弁護士=20日午後、茨城県庁

 平成27年11月に茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、県の調査委員会は20日、同級生によるいじめとの因果関係を認めた上で、学校側の指導が「自殺の引き金になった」とする報告書を公表した。

 委員長の栗山博史弁護士は大井川和彦知事へ結果を報告後に記者会見。遺族も見解を公表予定。

 中島さんは27年11月10日、学校から帰宅後に自宅で首をつり、翌日死亡。「いじめられたくない」などと書き残した日記が数日後に見つかった。

 当初調査を担当した取手市教育委員会は28年3月、いじめ防止対策推進法上の「重大事態」に該当しないと議決。その上で第三者委員会を設置していたことが発覚し、文部科学省の指摘を受けて議決を撤回した。

 新たな調査委員会は29年12月に発足。両親の要望を基に、市立学校でのいじめを県が調査する異例の対応を取っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ