PR

ライフ ライフ

皇位継承安定策「男系の重み踏まえ慎重に検討」 菅官房長官

記者会見する菅官房長官=19日午前、首相官邸
記者会見する菅官房長官=19日午前、首相官邸

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は19日午前の記者会見で、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設などの皇位継承の安定策について「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行う必要がある」との認識を示した。

 菅氏は皇族数の減少について「皇族方のご年齢からしても先延ばしすることができない重要な課題だ」と強調。一方で「さまざまな意見があり、国民のコンセンサスを得るには十分な分析、検討と慎重な手続きが必要だ」とも語った。

 国会は天皇陛下の退位特例法の付帯決議で、皇位継承の安定策を代替わり後、速やかに検討するよう政府に求めた。菅氏は「天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位が国民の祝福の中でつつがなく行われるよう全力を尽くし、その上で付帯決議の趣旨を尊重して対応していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ