PR

ライフ ライフ

東京福祉大の補助金不交付も 留学生の履修状況など実地調査へ

留学生の所在不明が判明した東京福祉大学王子キャンパス=東京都北区(市岡豊大撮影)
留学生の所在不明が判明した東京福祉大学王子キャンパス=東京都北区(市岡豊大撮影)

 東京福祉大(東京都豊島区)で留学生約700人が所在不明になっている問題で、柴山昌彦文部科学相は19日の閣議後会見で、同大学への実地調査を行い、管理運営が不適切と判断した場合は補助金などを不交付とするなど、厳しく対処する考えを示した。

 柴山氏は同大学について、「通学実績がないにもかかわらず、定員充足のために留学生を受け入れているとすれば、大変ゆゆしき問題」と批判。法務省と連携した実地調査で留学生の履修状況などを調べ、不適切な点が明らかになれば「補助金などの減額、または不交付などの措置を含め、さらなる取り組みの強化を進めていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ