PR

ライフ ライフ

駿河湾サクラエビ春漁で禁漁区設定 事実上の総量規制も

新たに禁漁区域を設けるなどの自主規制を決めた県桜えび漁業組合の実石正則組合長(中)ら=18日、静岡市清水区(石原颯撮影)
新たに禁漁区域を設けるなどの自主規制を決めた県桜えび漁業組合の実石正則組合長(中)ら=18日、静岡市清水区(石原颯撮影)

 昨年の秋漁で戦後初の出漁日ゼロとなった駿河湾のサクラエビの記録的不漁をめぐり、静岡県桜えび漁業組合は18日、初となる禁漁区域の設定などを盛り込んだ春漁に向けた自主規制案を決めたと発表した。同案は同日午後に由比漁業協同組合(静岡市清水区)で開かれた船主会の会合で全会一致で決定。春漁では事実上の総量規制も行う。春漁の漁期は24日~6月5日まで。

 春漁で初となる自主規制案では駿河湾北東部を禁漁区域とすることを明文化。毎年行っている調査で同区域は主な産卵場であることがわかっており、産卵を控えるエビを捕獲しないことで資源回復を図る。

 秋漁の規制では35ミリ以下とする体長を基準としていたが、今回は産卵期を控える時期であることを加味して、産卵エビが3分の1以上確認された群れには投網しないと変更。複数の海域で産卵エビが確認された場合は一時的に休漁し、産卵エビの出現状況や産卵状況などの調査を行うことも盛り込まれた。

 このほか明文化はされていないが、春漁期間中の漁獲量250トンを目安とする事実上の総量制限も行う。取り過ぎないようにするための措置で、資源保護を最優先に考え、昨年の春漁の漁獲量312トンを大幅に下回る数値を設定した。状況によっては下方修正する可能性もあるという。

 新組合長に就任したばかりの実石正則組合長は「われわれも非常に苦しい状態の中で操業しなければいけない。不安でいっぱいだが資源回復に協力してもらえれば」と理解を求めた。

 サクラエビ漁をめぐっては、昨年の春漁が記録的な不漁だったことを受け、秋漁には同組合として初の自主規制を設けて臨んだ。しかし、調査漁で稚エビが大半を占め、自主規制で定める投網可能な群れが見つからなかったことから全日休漁となっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ