PR

ライフ ライフ

ワールド碁チャンピオンシップ開幕 井山五冠世界一目指す

ワールド碁チャンピオンシップ2019前夜祭で決意表明する井山裕太五冠。張栩名人(右端)や3連覇を目指す朴廷桓九段(右から4人目)も出場
ワールド碁チャンピオンシップ2019前夜祭で決意表明する井山裕太五冠。張栩名人(右端)や3連覇を目指す朴廷桓九段(右から4人目)も出場

 日本、中国、韓国、台湾の囲碁トップ棋士が集まる国際棋戦「ワールド碁チャンピオンシップ2019」が18日午前、東京都千代田区の日本棋院で開幕した。日本から出場の井山裕太五冠(29)は中国の江維傑(こう・いけつ)九段(27)と、張栩(ちょうう)名人(39)は韓国・申眞●(=ごんべんに婿のつくり)(しん・じんそ)九段(19)と対局。昨年優勝の韓国・朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(26)は中国・廖元赫(りょう・げんかく)七段(18)と、中国の柯潔(かけつ)九段(21)は韓国・劉昌赫(ユ・チャンヒョク)九段(42)との対戦。持ち時間は各3時間で、勝者が19日の準決勝に進む。

 17日には東京都内のホテルで組み合わせ抽選会と前夜祭が行われた。井山五冠は15日に最終第7局までもつれこんだ棋聖戦で山下敬吾九段(40)との激闘を制し、7連覇を達成したばかり。「良いイメージをもって戦いたい。日本代表として出場できることが誇り。大きなチャレンジになる」と意欲を示した。また、張名人は「国際棋戦に出場するのは久しぶり。多くの方に応援してもらっているので、いい結果を出したい」と語った。 

 「ワールド碁チャンピオンシップ」は平成29年に始まった。第1回は日本・中国・韓国のトップ棋士と人工知能(AI)を搭載した和製ソフト「Deep Zen Go」が総当たりする方式で対局し、朴九段が3戦全勝で優勝、井山五冠は全敗だった。日本、中国、韓国、台湾の6人が出場した昨年の大会では、決勝で朴九段と井山五冠が対戦し、朴九段が優勝している。井山五冠は2013(平成25)年のテレビ囲碁アジア選手権以来となる国際棋戦制覇を目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ