PR

ライフ ライフ

「オリンピックおじさん」山田直稔氏が死去

「米寿を祝う会」で元気にテーブルを回る山田直稔さん=2014年4月、東京・帝国ホテル(撮影・小倉元司)
「米寿を祝う会」で元気にテーブルを回る山田直稔さん=2014年4月、東京・帝国ホテル(撮影・小倉元司)
その他の写真を見る(1/2枚)

 多くの五輪を現地で観戦し「オリンピックおじさん」として知られた山田直稔(やまだ・なおとし)さんが9日、心不全のため死去した。92歳。葬儀は近親者で行った。お別れの会は4月16日午後2時、東京都江東区木場1の4の3、東京木場ホテルで。喪主は妻、倫栄(みちえ)さん。

 1964年の東京大会から、日本がボイコットした80年のモスクワ大会も含め14回連続で現地観戦。五輪での各競技会場では、金色の山高帽に羽織はかまの衣装で登場し、日の丸を振って、選手たちを応援した。

 88歳の誕生日に都内で開かれた「米寿を祝う会」では「東京でも応援し続けます」と宣言し、2度目の東京五輪の観戦に意欲を見せていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ