PR

ライフ ライフ

【移住のミカタ】広島市佐伯区湯来町 集落あげて子育てサポート

湯来町の魅力を発信し続ける佐藤さん
湯来町の魅力を発信し続ける佐藤さん

 広島市佐伯区湯来町(ゆきちょう)。広島駅から車で45分ほど、広島の奥座敷として栄えた湯来温泉や広島藩主の湯治場だった湯の山温泉などの温泉資源、アユで有名な清流水内川や市内最高峰の大峯山など、豊かな自然が残るまちです。その環境と街との近接性、そして温泉が大好きなこともあり、平成26年に移住しました。

 最初はカフェの経営と稲作や魚養殖からスタートしましたが、今は湯来の観光やまちづくりを行うNPO法人の理事長も務めています。住んでいるのは、上多田という、人口90人、リアルなかかしが170体というおかしな、でもあたたかい集落です。移住を決めると歓迎会を開いてくれたり、集落であげた手作りの結婚式には、集落の半分以上の人が出席してくれました。2人の子どもは、気づくと隣のおばあちゃんの家に勝手に遊びに行くくらい、集落あげて子育てを手伝ってくれています。4月からは、広島市湯来交流体験センターという観光施設の指定管理を受託することになり、そこでデザイナーなどを募集しており、移住を考えている方のサポートも、この施設で行っていきます。(NPO法人湯来観光地域づくり公社理事長 佐藤亮太)

 ◇

 メモ 東京から新幹線で約4時間、飛行機とバスで約2時間20分。問い合わせは、地域活性推進課(082・504・2837)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ