PR

ライフ ライフ

【負けるもんか】失点後も勝負は続く「もう一度プロに」 公認会計士、奥村武博さん

奥村武博さんは公認会計士となり、引退したスポーツ選手のキャリア形成も支援している=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
奥村武博さんは公認会計士となり、引退したスポーツ選手のキャリア形成も支援している=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 いまにも雨が降り出しそうな湿った空気の日は、右肘も肩もうずき始める。手術の痕が残る右腕で、プロ野球の舞台に立ち、公認会計士としての第2のキャリアを切り開いてきた。

 阪神の投手から公認会計士へと転身した奥村武博さん(39)は、講演で必ず伝えることがある。

 「人生、越えられない壁は一つしかない。無理だ、できない、と考えて自分で作ってしまう壁。それさえ作らなければ、人生を変えていくことができる」

 平成25年11月、国家資格の中でも難関とされる公認会計士試験を突破した。元プロ野球選手としては初の快挙だ。けが、手術、球団からの戦力外通告-。そして、現役を引退してから11年がたっていた。

 受験勉強にあてたのは、このうち実に9年。「難しいでしょ」「もうやめたら」。当初、周囲から寄せられたのは期待ではなく、「無理だ」の言葉だった。「プロ野球選手が会計士試験に受かるわけがない」とすら言われた。

 ただ、迷いはなかった。「もう一度、プロと呼ばれる場所に行きたい」。その一念で机に向かった。

■ ■ ■

 少年チームのコーチをしていた父の影響で、野球は身近だった。

 米大リーグでも活躍した桑田真澄さん、野茂英雄さんに憧れた少年は、強豪校の岐阜県立土岐商業高校に進学すると、投手としての道を歩むようになる。3年夏の県大会は決勝で敗退したものの、阪神にドラフト6位で指名された。

 しかし、入団直後からけがに悩まされる。

 プロ1年目で右肘を手術し、2年目はリハビリに専念。3年目に肋骨を骨折し、4年目は肩を痛めた。成績が残せず登板回数が減る中、肩をかばいながら投げ続けたが、ある日、練習後に呼び出され「来季は契約しません」と告げられた。想像はしていた。ただ、その後に何を話したかは覚えていない。打撃投手となり、14年に退団した。

 バーやホテルで働きながらも「本当にこれでいいのか」という思いが頭をよぎる。15年、阪神が18年ぶりにリーグ優勝を果たす。同期入団の井川慶さんが20勝を挙げ、快進撃を支えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ