PR

ライフ ライフ

広大なヨシ原に広がる炎、立ち上がる煙 渡良瀬遊水地でヨシ焼き

渡良瀬遊水地のヨシ焼き。炎に包まれるヨシ原=16日朝、栃木県栃木市
渡良瀬遊水地のヨシ焼き。炎に包まれるヨシ原=16日朝、栃木県栃木市
その他の写真を見る(1/4枚)

 栃木、群馬、埼玉、茨城の4県6市町にまたがる渡良瀬遊水地で16日、ヨシ原の環境を保全するためのヨシ焼きが行われた。

 ヨシ焼きは、ヨシ原の多様な植物の生育を促す効果が期待され、遊水地の半分近くを占めるヨシ原全域約1500ヘクタールを対象に実施される春の風物詩。周辺市町が連携し、火入れをするヨシの利用者や行政、消防の関係者ら約830人が関わった。

 午前8時半ごろ、火入れ作業が始まると、ヨシがパチパチと音を立て、あちらこちらから黒い煙が立ち上がった。早朝から堤防でカメラを構えていた写真愛好家らは、燃え広がる炎にレンズを向け、盛んにシャッターを切っていた。

 夫婦で訪れた栃木県栃木市の主婦(70)は「昨年に比べて炎が早く広がった。恐ろしいような美しような風景」と、間近で上がる炎と煙を眺めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ