PR

ライフ ライフ

リニアの非常口新設工事、地下水で掘削作業中断 名古屋

掘削作業中に地下水が湧き出たため、昨年12月から作業を中断しているリニア中央新幹線の「名城非常口」の工事現場=16日午前、名古屋市   
掘削作業中に地下水が湧き出たため、昨年12月から作業を中断しているリニア中央新幹線の「名城非常口」の工事現場=16日午前、名古屋市   

 JR東海が平成39(2027)年に開業を目指すリニア中央新幹線の「名城非常口」(名古屋市)新設工事で、掘削作業中に地下水が湧き出たため、昨年12月から作業を中断していることが16日分かった。同社は、地下水を観測する井戸の水位に変化が見られないため、地盤沈下など周辺への影響はないと説明している。作業は今秋、再開する見通し。

 同社などによると、名城非常口は直径約40メートル、深さ約90メートルの立て坑となる計画。地上とつながり、リニア車両が走るトンネルの掘削工事の拠点となる。

 28年に着工し、昨年12月下旬、深さ約50メートルまで掘り進めた地点で地下水が出たため工事を中断し、市の下水道に排水している。

 出水は立て坑と周囲の地下水の水位を均衡させる方法で止める。今後、底部の地盤を固めるため、薬剤を注入する作業を行うという。

 リニアは39年に東京・品川-名古屋の開業を予定する。同社は工期にも影響はないとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ