PR

ライフ ライフ

東京-新函館、3時間台に 北海道新幹線ダイヤ改正

青函トンネルを抜け、北海道側に姿を見せた北海道新幹線。ダイヤ改正で東京-新函館北斗の所要時間が最速で3時間58分となった=16日正午、北海道知内町
青函トンネルを抜け、北海道側に姿を見せた北海道新幹線。ダイヤ改正で東京-新函館北斗の所要時間が最速で3時間58分となった=16日正午、北海道知内町
その他の写真を見る(1/2枚)

 JR北海道のダイヤ改正で16日、北海道新幹線(新青森-新函館北斗)は東京-新函館北斗の所要時間が最大4分短縮され、最速で3時間58分となった。これまでは最速4時間2分だった。北海道新幹線は26日で開業から3年。「4時間切り」は開業当初からの課題だった。

 全列車で、青函トンネル内の最高時速を140キロから160キロに変更。トンネル内では在来線の貨物列車と線路を共有しており、すれ違う際の荷崩れを防ぐため速度を抑えてきたが、昨年9月に高速化試験を実施し、安全を確認した。

 上下26本のうち最速タイプは、午前8時20分に東京を出発し、午後0時18分に新函館北斗に着くはやぶさ5号など、下り2本、上り1本の計3本。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ