PR

ライフ ライフ

【平成の証言】「なぜ日本の慰安婦問題だけが世界中で…」(25年1月~7月)

25年7月

 「放射能がある現場に何回も行ってくれた同僚たちがいる。部下は地獄の中の菩薩だった」(吉田昌郎・元東京電力福島第1原発所長)

 9日、東日本大震災で炉心溶融(メルトダウン)、建屋の水素爆発など深刻な事態が続いた第1原発で、事故収束を指揮した吉田氏が食道がんのため亡くなった。58歳。全電源喪失という想定外の状況下で対応を模索し、東電本店から原子炉への海水注入中止を命じられた際には独断で続行を指示、事態の悪化を防いだ。所長退任後の24年夏、集会に寄せたビデオメッセージで部下への感謝をこう語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ