PR

ライフ ライフ

【インターン新聞より】ウェルカム!観光客 新歌劇「KEREN」大阪城公園で上演中

最新のデジタル技術を駆使した新歌劇「KEREN」=大阪市中央区
最新のデジタル技術を駆使した新歌劇「KEREN」=大阪市中央区

 日本の伝統芸能と最新のデジタル技術を融合した新歌劇「KEREN(ケレン)」が大阪城公園(大阪市中央区)内複合劇場施設「Cool Japan Park Osaka」で、先月25日から上演されている。同劇場は2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)を前に外国人観光客の集客に注力しており、和と洋を融合しているような演出が目立った。

 作品名となっている「ケレン」とは、歌舞伎の世界では宙返りや早変わりといった大がかりで奇抜な演出を指す。

 開幕前、大阪の道頓堀をイメージしたイルミネーションが映し出される。幕が開くと着物姿の女性ダンサーが日本舞踊を披露。その後、着物を脱ぎ捨てて洋物の衣装に早着替えし激しく踊ってみせると、展開の早さに観客たちの目はくぎ付けになっていた。

 劇中では、侍の格好をしたダンサーが立ち回りをしており、その後ろでタキシード姿のダンサーがタップダンスを披露したり、力士がバレエを踊ったりしていた。(小池桃加)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ