ライフ ライフ

いよいよ始まるプログラミング教育 まずは子供が親しめるパソコンを

 2020年度から、小学校でのプログラミング教育が全面実施される。経済のグローバル化やデジタル社会の進展が世界的に加速する中で、IT人材の不足は、国家的な課題として深刻化しており、プログラミング教育は英語とともに教育現場に必須になっている。いよいよ始まるプログラミング教育に備え、教育機関や保護者は、子供たちがパソコンに親しむ関係をどう作り上げるか問われている。

その他の写真を見る(1/7枚)

2030年予測「78万人のIT人材不足」

 国がプログラミング教育の必修化を推進する背景として、ウェブエンジニアをはじめとするIT人材の不足がある。経済産業省がまとめた「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2020年に36万9000人、2030年には78万9000人のIT人材が不足すると予測されている。特に「AI(人工知能)」「ビックデータ」「IoT(モノのインターネット)」「ロボット」の先端IT技術が将来最も人材不足に陥ると見込んでいる。

 文部科学省は、プログラミング教育の重要点を、“子供たちにコンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させる”としている。小学校のプログラミング教育では、その基礎となる「自分たちの身近なものがプログラミングによって動作している」という気づきを学ぶことが重要で、コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることが目的ではない。

その他の写真を見る(2/7枚)

 もうひとつ、プログラミング教育の中で重要なのが、問題を解決するための論理的思考の習得だ。学問やビジネスの世界で大きく成長するためには、「論理的思考力」は不可欠である。物事を合理的に理解し、仮説を立てたり情報を扱ったりするスキルを養っていないと、正しく知識を吸収することができない。つまり、学びの基礎が養われないままでは、成長する可能性を閉ざすことにもなりかねない。

若者のパソコン所持率が先進国で最低クラス

 プログラミングが必須となる時代にどう備えるのか。まずは、小学生のころから、自分のパソコンを持ち、抵抗感なく扱えるようになることが望ましいだろう。スマートフォンを持つ子供たちは増えているが、スマホとのかかわりは、ゲームやSNSなどを楽しむ「受け身」の使い方、コンテンツの消費が中心になりがち。これに対し、パソコンは自ら使いこなすことによって、「能動的に」何かを作り出すのに向いている。その代表がプログラミングだ。

 パソコンに慣れることが大事だが、日本の子供たちのパソコン所有率は先進国に比べて著しく低いという現実がある。内閣府の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」(2013年)によると、日本の13~15歳のノートパソコンの所持率は、スマートフォンの45.7%に対して、22.1%だ。

内閣府『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』(2013年度)を基に作成
内閣府『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』(2013年度)を基に作成
その他の写真を見る(3/7枚)

 一方で、英語のリスニングに活用したり、発表資料を作成したり、パソコンを使った学習効果の高さを認める声も強まっている。

 パソコンメーカーなどから成る業界団体WDLC(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム)が実施したインターネット調査によると、偏差値65以上の中高生の3人に1人が、自分のパソコン「マイパソコン」を持っていることが分かった。偏差値65未満の中高生と比較すると、マイパソコンの所有率に約1.5倍の差があり、高偏差値の子供ほど、パソコンを上手に学習に活用しているとみられる。

WDLCのウェブサイトより
WDLCのウェブサイトより
その他の写真を見る(4/7枚)

 同調査によると、パソコンを買い与えた親は、「子供の勉強意欲が高まった」「楽しんで学習している」「情報収集能力や資料作成能力などが向上した」と感じているようだ。

WDLCのウェブサイトより
WDLCのウェブサイトより
その他の写真を見る(5/7枚)

 「マイパソコン」を持つことが、論理的思考を学ぶプログラミング学習に欠かせないうえ、自宅での学習の強化やサポートとしても役に立つというわけだ。

家庭で子供たちが安心して親しめるパソコンを

 小学校のプログラミング教育に役立てるために、初めてのパソコンをどう選ぶのか。まずは子供たちが「楽しんで友達になれる」ようなワクワクさせる機能が必要だ。プログラミング学習では、論理的思考力とともに、想像力・表現力を身につけることが期待されるが、子供がすぐ飽きてしまうようでは、長続きしないからだ。

 例えば、富士通クライアントコンピューティングは、“はじめての「じぶん」パソコン”というコンセプトでFMV「LIFEBOOK LH55/C2」を発売している。小学生向けに設計されたパソコンだけあって堅牢性や使いやすさはもちろんのこと、楽しく学べるタイピングやプログラミングなどのソフトを搭載。自主的な学習への姿勢を育てられるよう、スッキリ片付けられるお道具箱のような専用ケースが特徴的だ。子供だけでも操作がわかるように、ガイドブックも工夫されている。

FMV「LIFEBOOK LH55/C2」
FMV「LIFEBOOK LH55/C2」
その他の写真を見る(6/7枚)

 またネット社会の負の側面から子供にパソコンを持たせることを躊躇する親も多い。「安全・安心」機能も整備されているからこそ、親も安心して、子供に自由にパソコンを使わせることができる。LH55/C2では、不正アクセスや有害サイトの閲覧を未然に防ぐセキュリティー対策ソフト(3年間無料)を搭載。ウェブやメールの安全度を判別し、有害情報や個人情報漏洩(ろうえい)の危険から子供を守るフィルタリング機能やパソコンの利用時間を制限する機能も充実している。

 これら必要なハードやソフトがオールインワンで揃っていることもパソコン選びのポイントになるはずだ。またパソコン本体機能だけでなく、利用に際しての親子間のルール作りも重要になるだろう。

 新学年も見据えてこの春休みに、子供とはじめての「マイパソコン」について話してみてはどうだろうか。

FMV「LIFEBOOK LH55/C2」についてはこちら

■関連記事

「親が習わせたい習い事」ランキングにも異変?!どうするプログラミング教育(ESSEonline)

その他の写真を見る(7/7枚)

提供:富士通クライアントコンピューティング株式会社

ランキング