PR

ライフ ライフ

3輪自転車、カーブに注意 転倒恐れ

3輪自転車の片側の後輪が浮き上がる様子
3輪自転車の片側の後輪が浮き上がる様子

 国民生活センターは14日、後輪が二つある、大人向けの3輪自転車に関し、不安定で乗りこなせないとの相談が今年1月までの約6年間に138件寄せられ、転倒による骨折など負傷したケースが10件あったと公表した。相談の7割が高齢者の運転に関するものだったといい、カーブなどでは低速で走行するよう呼び掛けている。

 カーブや段差を時速6~8キロで走行する実験を実施すると、片方の後輪が浮き上がり、バランスを崩して転倒する危険性が増すことが判明した。

 車体前方を左右に傾けられるタイプでは後輪は浮き上がらず、普通の自転車と同じように走行できたが、慣れるまでは運転に注意が必要という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ