PR

ライフ ライフ

【健康カフェ】(148)画面の接触時間 子供の認知機能発達に影響も

 また、画面を見る時間が長くなると就寝時間が遅れ、睡眠時間が減ってしまうことがさまざまな研究で示されています。子供の健やかな発達には、十分な量の良質な睡眠が欠かせないだけに、画面を長時間見ることによる睡眠不足が関係しているかもしれません。動画の内容が精神面に与える影響や画面から発する光が眠気や睡眠の質に与える影響なども指摘されます。

 では、どれくらいの時間なら画像を見せても大丈夫なのでしょうか。これについて、現時点では明確な答えはありません。ただ、寝る時間まで見るようなことはさせず、寝室にタブレット端末は持ち込まない方がいいのは確かでしょう。

 子供の健やかな成長のために、いっしょに絵本を読んだり体を使って遊んだりと親子で楽しむ時間が少なくならないようにしてもらえればと思います。(しもじま内科クリニック院長 下島和弥)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ