PR

ライフ ライフ

友人のイニシャル2つ記述 愛知の転落死女児、残した文書に

取材に応じる、飛び降り自殺したとみられる小学6年の女児2人が通っていた小学校の校長=13日午後、愛知県豊田市
取材に応じる、飛び降り自殺したとみられる小学6年の女児2人が通っていた小学校の校長=13日午後、愛知県豊田市
その他の写真を見る(1/4枚)

 愛知県豊田市の小学6年の女児2人が飛び降り自殺したとみられる問題で、2人のうち1人が書いた遺書らしき文書に、友人とけんかをしたことをほのめかし、相手としてイニシャル2つが書かれていたことが13日、関係者への取材で分かった。愛知県警は、2人が友人関係に悩んでいた可能性もあるとみて経緯を慎重に調べている。

 関係者によると、イニシャルは2人が通う小学校の校長宛ての手紙に書かれていた。いじめについてどんなイメージを持っているかとの校長への質問に続き、女児がイニシャルの相手とけんかをしたことをきっかけに、「ばか」や「あほ」などと暴言を吐かれるようになったことを示唆する内容だった。

 校長は取材に「現時点でいじめは把握していない」とした。2人は12日は登校したが、担任は「特段気になる様子はなかった」と話したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ