PR

ライフ ライフ

【フェルメール事典】第2部(1)「楽器」恋愛の象徴

ヨハネス・フェルメール《恋文》1669-1670年頃 アムステルダム国立美術館 Rijksmuseum. Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1893
ヨハネス・フェルメール《恋文》1669-1670年頃 アムステルダム国立美術館 Rijksmuseum. Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1893

 大阪展のみの展示である「恋文」。実はこのタイトル、フェルメール自身が付けたものではない。19世紀にアムステルダム国立美術館が購入した際には「手紙」と呼ばれていたが、後に恋愛を暗示するモチーフが複数描かれていることからタイトルが変更された。

 そのモチーフの一つが、婦人が手にしている楽器。

 強国スペインから独立し、海洋国家として栄えた17世紀のオランダでは、裕福になった市民たちが自宅で楽器の演奏を楽しんでいた。そのため当時の風俗画にはたびたび楽器が登場する。絵画においては恋愛を象徴する小道具でもあり、男女の合奏や稽古のシーンならば、彼らの関係性に想像が膨らむ。

 「恋文」の女性が抱えているのはシターンという楽器。フェルメール作品にはほかにもさまざまな楽器が登場し、当時の流行を垣間見ることができる。

     ◇

 フェルメール作品に登場する装飾品や楽器、色などキーワードからその魅力を解き明かします。

 【ガイド】「フェルメール展」( https://www.vermeer.jp/ ) 大阪市立美術館(同市天王寺区 https://www.osaka-art-museum.jp/ )で5月12日まで。入館料は一般1800円など。問い合わせは06・4301・7285(大阪市総合コールセンターなにわコール)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ