PR

ライフ ライフ

【正木利和のスポカル】パフォーマーの肉体と美術家の道具で描くエロチックでアスレチックな世界

器具のうえでのけぞるように演技するERIKA。エロティックであると同時に、しなやかな体はアスリートを思わせる=神戸アートビレッジセンター提供
器具のうえでのけぞるように演技するERIKA。エロティックであると同時に、しなやかな体はアスリートを思わせる=神戸アートビレッジセンター提供
その他の写真を見る(1/6枚)

 暗い闇のなかで、天井からつりさげられた三角錐(さんかくすい)のような木製の器具にライトが当たっている。

 会場には、しばらく静寂が続いていた。

 そこに、天井から人間の白いふくらはぎが…。

 「おかあさん、こわいよ!」

 女の子が泣きじゃくり始めた。「もう、出る!」

 幼い子は、まるでお化け屋敷にでもいるような気分で我慢していたに違いない。そこに、天井から人の足がゆっくりとおりてくるのだから…。

 申し訳なさそうに母親が女の子を連れ出す。

 と、再び沈黙の世界がやってきた。

 静寂を取り戻した空間に器具をつり下げている縄をつたっておりてきたのは、下着姿にもみえるコスチュームの女性だった。

 どこか、暗黒舞踏を思わせるような雰囲気のなか、女性の肉体は木製器具にからみついた。

 暗闇のなか、ただひとりライトを浴びた彼女は、ゆっくりと動く。そして、その器具をまたいだり、立ち上がったり、のけぞったりと、さまざまなポーズをとった。

 器具をゆわえた縄のきしむ音がかすかに聞こえる。

 彼女の姿態は、息をのみ込むほどエロチックで、そのくせたまらなくアスレチックだった。

 暗い闇のなか、濃密な時間が過ぎていった。15分ほどのパフォーマンスは、演じている女性が器具から離れ、床に伏して静かに終わった。

   □    □

 以上は、神戸市兵庫区の神戸アートビレッジセンター(KAVC)で17日まで行われている「道具とサーカス」という展覧会のひとこまである。KAVCは30代・40代の芸術家を対象に経験を積んできた作家の新たな表現の創造と挑戦への期待をこめ、2018年度から公募プログラム「ART LEAP」をスタートさせた。その第1回の出展作家が空中パフォーマーのERIKA RELAX(年齢非公表)と美術家、池田精堂(34)のユニット、tuQmo(ツクモ)だ。

 変わりダネのコンビといっていい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ