PR

ライフ ライフ

【明治の50冊】(48)石川啄木『一握の砂』 人生の事象詠んだ国民的歌集

Messenger
歌集『一握の砂』初版本(石川啄木記念館提供)
歌集『一握の砂』初版本(石川啄木記念館提供)

 「いのちなき砂のかなしさよ/さらさらと/握れば指のあひだより落つ」

 「不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて/空に吸はれし/十五の心」

 教科書ではじめて石川啄木に接したという人は多いだろう。息苦しい教室の片隅で、啄木が歌う広やかな青空にあこがれた心持ちがなつかしい。

 『一握の砂』(明治43年刊)は、啄木が24歳の時に刊行された。3行分かち書きが特徴で、文語が多いにもかかわらず口語的な印象を受ける文体から、生活に根ざした抒情(じょじょう)が直接的に胸に響いてくる。

 国際啄木学会会長の池田功・明治大学教授は、「技巧や装飾を少なくし、短歌に日常生活を持ち込み、あくまで自己の真実に正直な歌集であろうとした。そこが短歌史において、それまでの歌集とは異なっていた」と話す。

 啄木は、与謝野鉄幹が詩歌革新をめざした新詩社の機関誌『明星』から出発。初期には浪漫的な歌だったが、ありのままの現実に目を向けようという自然主義の流行に加え、家族との1年に及ぶ北海道での漂泊により、平易で等身大の歌に傾く。

 小説家になろうと北海道から再び上京した41年、売り込みに失敗した挫折感と貧窮の中で、短歌が爆発的に生まれる。「生活あっての文学、その中でも短歌という表現形式には、それほど期待していなかった。だから逆に、気取ることなく自由に自分の気持ちを託すことができたのでは」(池田教授)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ