PR

ライフ ライフ

【平成の証言】「今週末に解散してもいいと思っている」(24年7月~12月)

24年11月

 「(議員定数削減を)通常国会で必ずやると決断してもらえるなら、私は今週末の16日に解散してもいいと思っている」(野田佳彦首相)

 14日に行われた党首討論で、野田氏は自民党の安倍晋三総裁と衆院の定数是正で激論を交わした末に、16日の解散を明言した。8月には自民の谷垣禎一総裁(当時)と公明党の山口那津男代表に「近いうち国民に信を問う」と約束、その「近いうち」がいつかが焦点だった。野田氏は討論の最後に「覚悟のない自民党に政権は戻さない」と述べたが、翌月の選挙で自民が圧勝。第2次安倍政権が発足する。

24年12月

 「天井がズドンと落下し、下敷きになった車から炎が上がった。(天井は)Vの字のようになっていた」(事故を目撃した37歳男性会社員)

 2日午前8時ごろ、山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道上り線の笹子トンネル(全長4784メートル)で、天井板が130メートルにわたって崩落した。走行中だった自動車3台が下敷きとなり、2台から発火。ワゴン車に乗っていた20代の男女5人ら計9人が死亡する惨事となった。天井板のボルトの強度不足、接着剤の劣化などが原因とされ、中日本高速道路の管理態勢の不備も指摘された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ